タグ別アーカイブ: 病院

アメリカの医療制度としくみ(保険編)

 噂に聞いたことがあるかもしれませんがアメリカの医療費はとても高額です。救急手術や入院などになった場合は100万円単位の医療費がかかります。不測の病気や事故に備えたい場合は海外旅行傷害保険は必須であるという話しは以前した通りです。

 日本のような国民健康保険制度が無いアメリカは、個人や企業が自分の意思で医療保険を購入するしくみになっています。そこがアメリカの医療保険と日本の健康保険との最も大きな違いです。同じ保険会社でもたくさんの種類のプランがあり、毎月の支払額や医療費のカバー率、医療サービスを受けた時の自己負担額なども様々です。保険でカバーされる医療サービスなどもプランによって違うので初めて渡米した留学生にはチンプンカンプンでしょう。

 契約内であれば、ほぼ100%カバーしてくれる日本の海外旅行傷害保険を購入しておくと、いざという時に本当に頼りになると思います。

 

アメリカの医療制度としくみ(受診編)

海外旅行傷害保険,保険,病気,怪我 病気や怪我は予期せぬ時に起きてしまうもの。ましてや慣れない海外生活では尚更です。万一に備えて、どのような対処をしたら良いのか知っておく事は大切です。いざというときに落ち着いて、適切な対処を出来るようにしておきましょう。

 アメリカの医療の特徴としてプライマリケア医の存在が挙げられます。何か健康上の問題が起きた時に直ぐに相談出来るように、かかりつけの医師(内科医・小児科医・家庭医など)を決めておきます。少なくとも1年に1回はかかりつけの医師に健康相談をすることも健康を維持していく為に必要でしょう。

 専門医の診察が必要な場合でも素人には本当に専門医の診察が必要なのか、または何科にかかれば良いのかも分かりません。ですからアメリカでは、まずはかかりつけの医師に診断を受けてから必要があれば専門医に紹介状を書いてもらうという流れが一般的です。

 夜間、週末などの救急医療を必要とする場合、まず患者は軽症・重症で振り分けが行われます。アメリカの救急外来では軽症と判断された場合は、重症者が優先されるため長時間待たされることもしばしばです。いざという時の為に緊急時に受診できる近くの救急外来や病院を調べておくと慌てずに対処できます。