荷造り(何を持っていくべきか)

 初めての海外生活ということになるとあれもこれも持って行った方が・・・という気持ちになるかと思います。確かに現地ではなかなか手に入らないものや現地で売っている日用品の中には日本人に合わないものなどがあるかもしれません。まず考えた方が良いのは、あなたが留学しようとしている地域がどんな所なのかという事です。例えばカリフォルニア州のサンフランシスコやロスアンゼルスであれば大抵の日本の物は手に入ります。(100円ショップのダイソーがあるくらいですから。)逆に中西部の片田舎の町に行くというのであれば話はまったく違ってきます。
 仮に日本のものが簡単に手に入る状況であってもアメリカで買えば値段は高くなりますからかさばらない物であれば日本から持って行っても良いかも知れません。では、まず必須アイテムから挙げていきましょう。

1.パソコン
日本の家族や友達とスカイプなどを使ってのコミュニケーションや電子メール、学校や生活関連の調べもの、レポートやエッセイの作成など留学生活には欠かせません。学校にもパソコンはありますが英語版Windowsですし、日本語の使い慣れたパソコンを持っていく方が安心です。

アメリカ,携帯電話,パソコン,インターネット

2.電子辞書
これは留学当初は本当に重宝しました。何しろ分厚い辞書を持ち歩かなくて済むのが嬉しいです。アメリカ国内で【富士山ドットコム】などを利用して入手する事も可能です。

3.薬局で購入するようなもの
例えば、歯ブラシ、耳かき、常備薬、コンタクトレンズ関連、生理用品、ヘアケア、化粧品等

4.ボイスレコーダー(ICレコーダー)
文書等のファイルも保存可能ですし、授業を録音したり、音楽や英語教材などをMP3ファイルで保存しておいて聞きたい時にきけるので便利です。

 いま思いつくのはこの程度でしょうか。原則として荷物はなるべくコンパクトにしておいた方が動きがとりやすいので本当に必要なものに限定して持っていく方が良いでしょう。現地や空港で他の人の助けを必要とせずに自分が動けるような状態にしておくべきです。現地でそろうものは現地で買いましょう。どうしても必要なものがあれば滞在先に落ち着いた後に日本から送ってもらえば済むことです。
 最後に、これは物ではないのですが大事な書類は全てコピーをして控えておきましょう。例えばパスポートやI-20、残高証明書 etc etc

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です