カテゴリー別アーカイブ: アメリカ留学 生活編

アメリカの医療番外編(カイロプラクティック)

 カイロプラクティックはギリシャ語で『手技』という意味です。カナダ出身のアメリカ人ダニエル・デビッド・パーマー氏により体系化された治療法です。日本では、まだ民間療法ですが、ここアメリカでは正規の医療ドクターとしてカイロプラクターが治療にあたってくれます。カイロプラクティックの治療の原点は骨のズレを正常に戻して体のバランスを良くして改善させようとするもの。何か症状がでた時にその症状だけを治すという事ではなく、もともとの原因を直す治療法と言えそうです。

アメリカ,医療,カイロプラクティック

 二本足で歩く人間の構造上、背骨には多大な負担がかかっているわけですが、それに加えて長時間のデスクワークや普段の姿勢などの生活習慣、更にスポーツや交通事故の怪我などによる負担によって背骨のズレが起きるという事です。内科や外科で診療を受けるほどではないような、ハッキリとした症状ではなくても、なんだか体がだるいとか調子が悪いといった感覚を持つことは誰しも経験があるはずです。そんな時はカイロプラクターを利用するのも一つの手かもしれませんね。
 私の場合は、交通事故にあった時にかかっていた医師に紹介されてカイロプラクティックを受けました。保険も利きましたし、首と腰の痛みがだいぶ楽になったので驚きました。最近ではダメなようですが、当時は海外旅行傷害保険でもカイロプラクティック治療を受けられました。

アメリカの医療番外編(指圧・マッサージ)

 アメリカでも指圧は『SHIATSU』や『Accupressure』の呼び名で親しまれています。指圧は浪越徳治郎氏が確立した日本独自の手技療法です。ただし正規医療ではなく、あくまで民間療法なので病気や怪我の主治療ではなくリラクゼーションやリハビリテーションなどを目的として利用される療法のようです。
 指圧は読んで字のごとく、指と手のひらを駆使して、体中にあるツボを押す事で人間の自然治癒力を促進させようというものです。また、つぼを押すことで、そこのコリ具合などから体の状態などを判断する事ができるのも特徴の一つです。特に足裏にはツボが集中していて、指圧にとどまらずリフレクソロジーなど足裏マッサージの人気は高まっているようです。

指圧,ロミロミ,マッサージ,ロルフィング

 アメリカには、その他にもハワイ伝統のロミロミマッサージやタイ古式マッサージ、アメリカ独自の療法としての『Rolfing』(ロルフィング)など様々なマッサージ療法があるので一度試してみるのも良いでしょう。留学中はなれない英語での勉強に加えてたくさんの宿題や課題に追われて肩がぱんぱんに凝ったりすることもあるでしょう。ずっと机にかじりついていると時々このような癒しの必要性を感じることがあるかもしれません。
 

アメリカの医療制度としくみ(歯科編)

歯科,保険,アメリカ アメリカでは医療保険と歯科保険は区別されていて、別途加入するようになっています。医療保険としか保険の一番大きな違いは、歯科保険の場合、給付を受けられるまでの待ち時間があることと、どの治療に対しては、いくらまでの給付が受けられるかという治療項目別の給付額が、予め設定されている事です。歯科保険の上手な使い方として、自己負担が少なくて済む定期検診や、クリーニングなどを小まめにする事により、大きな治療が必要にならないように心がける事が大切です。

●歯科保険を選ぶ時は以下の点に注意しましょう。
1)何がカバーされるのか
保険の契約内容により全てがカバーされるわけではないので注意が必要です。

2)免責自己負担分(ディダクタブル)の有無
治療にかかる費用のうち一定の決められた自己負担額が発生するのか。それはいくらか。

3)保険支払いの上限額(1年間)
その年に保険会社から支払われる金額に上限があるので注意しましょう。

4)加入後直ぐに保険の支払い対象にならない処置等
加入後一定期間待たないとカバーされない歯科医療サービスを確認しておきましょう。

 アメリカでは医療保険を購入するのも、健康管理をするのも全て個人の責任が問われます。ですからアメリカでは歯科医療に関しても予防や早期の治療に関しては自己負担額が少なくなるようになっています。歯科医の側も患者の口全体の健康、歯と歯茎の状態など総合的なケアを行うことによって常に良い状態を保ち、それが予防歯科につながり、その結果として医療費の抑制や患者の健康につながると考えているようです。