カテゴリー別アーカイブ: 自力でアメリカ留学 コラム

シティグループ 米政府の管理下に

リーマンショック以来、大きな銀行の破綻などが続いています。シティグループも新聞の記事によると政府の管理下におかれるようです。日本法人に関しては、単独で財務的にも問題ないので万一米国CITIが破産しても大丈夫だという噂も聞こえてきます。けれども、実際どのような影響があるかは予想不可能です。今後もアメリカ政府とシティグループの動向には注意を払った方が良さそうです。

<シティグループ>米政府管理下に…株36%取得で合意
2月27日22時5分配信 毎日新聞
 【ワシントン斉藤信宏】米政府と金融大手シティグループは27日、政府の保有する優先株の一部を議決権のある普通株に転換し、約36%のシティ株を政府が取得することで合意したと発表した。米政府が事実上、シティを管理下において再建に当たる。
 シティは、個人向け金融事業の収益悪化などで、08年12月期の最終(当期)損失が1月に発表した約187億2000万ドルから約277億ドル(約2兆7000億円)に拡大したことも明らかにした。
 米政府は昨年、シティに2度にわたり公的資金計450億ドル(約4兆4000億円)を資本注入し優先株を保有していた。このうち250億ドル相当を普通株に転換する。高配当の見返りに優先株を購入していた中東などの政府系ファンドや民間投資家なども計275億ドルの普通株転換に応じる。
 優先株の配当は普通株に比べて極めて高いため、普通株への転換が進めば配当金の支払額軽減につながる。一方、米政府はシティに対し、取締役の過半数を新たな社外取締役とするよう要求。パンディット最高経営責任者(CEO)は留任の見通しだが、取締役の大半は入れ替わる。
 シティは、年明け以降株価の低迷が続き、今月20日には1ドル台まで落ち込んでいた。
 ◇シティグループ
 米ニューヨークに本社を置く世界最大級の総合金融グループ。98年にシティコープ(銀行)とトラベラーズ・グループ(証券・保険)の統合で誕生。中核銀行のシティバンクを筆頭にカード、証券などの事業を100カ国以上で展開してきたが、相乗効果を十分発揮できず、05年に旧トラベラーズの生命保険部門を売却した。日本には1902年に進出し、2008年1月に日興コーディアルグループ(現日興シティホールディングス)を完全子会社化した。
ニュース参照元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090227-00000134-mai-bus_all

学生寮か/ホームステイか・・・

アメリカ,留学,ホームステイ,滞在,ホストファミリー 寮もホームステイもそれぞれの長所、短所がありますが、アメリカに長期留学をするのならオススメなのはどちらも体験してみることです。それだけに手間がかかりますが、私がこれらの経験から学んだ事は非常に大きな財産になりました。私の場合は最初に学生寮で2ヶ月過ごしてからホームステイを希望しました。少しアメリカでの生活や英語になれたあとにホームステイしたのが良かったのかもしれません。それに加えてホストファミリーがすごく良かったことも大きかったと思います。ホストマザーはドイツからの移民だったのでドイツの伝統的な家庭料理はとてもおいしかったですし、アメリカ人のホストファーザーとの間にある考え方の違いなども興味深く、最高の日々でした。勿論今でも親しく交流させてもらっています。

一方、忘れてはならないのが明らかに収入の為だけに留学生を受け入れている家庭もあるということです。私の知り合いの何人かは本当に悲惨なホームステイの生活を強いられていました。それは学生のせいもあるのではないかという意見もあるでしょうから詳細については触れませんが、私の眼から見てもちょっとひどいなというケースはいくつもありました。やはり、人間同士ですからコミュニケーションが本当に大事ですよね。

留学費用を節約する方法

●田舎にある公立の大学の方が都会より授業料も生活費も安くなります。
●一般的に私立より公立の方が授業料が安いところが多いと言えます。
●教科書はUSED(中古)を購入し、どうしても必要でなければクラスが終わったら売りましょう。アメリカの大学等で使用する教科書は日本の感覚で表現すると、まるでカラー図鑑のようです。そのためか日本の教科書と比べて高価です。毎学期、何冊もの教科書を購入することになるので、教科書代だけでもバカになりません。
●寮生活で食費等を抑えましょう。寮のカフェテリアの食事は食べ放題の所が多いようです。
●どうしても寮ではなくアパートで生活したいなら、ルームメイトを探しましょう。1人暮らしよりも共同生活によるストレスはあるかもしれませんが、家賃も食費も抑えられますし、日本人以外とルームシェアすれば英語を使う環境をもつことも可能です。因みに私のルームメイトはベトナム人とスイス人でした。
●買い物はコストコ(Costco)やSam’s Club(サムズクラブ)などを仲間と利用する。年会費を払ってもお釣りが来るでしょう。しかもコストコ等で売っている物は、いちいち量が多いので1人では使い切れませんから、ルームメイトとシェアする事で費用を抑える事ができますよ。
●外食でわざわざ日本食を食べにいかない。日本食レストランは他の所に比べて割高です。日本食が恋しくなる気持は良く理解できますが、私のお薦めは安くて美味しいベトナム料理です。
●頻繁に帰国しない。帰国するなら航空運賃が比較的安い2、3、5、10、11月がお奨めです。
●頻繁に国際電話をかけない。インターネットの環境さえ整えばスカイプが便利です。
●奨学金が貰える大学を選ぶ。奨学金が貰えるように一生懸命勉強する。


留学奨学金と節約術
-目次-
第1章 留学と費用
第2章 留学費用の基礎知識
第3章 留学期間を短くして費用を節約
第4章 留学奨学金の現実
第5章 留学のための奨学金獲得作戦
第6章 体験談―奨学金を得て留学した5人の留学体験記
資料編 奨学金獲得のチャンスがある大学データ85校